幼稚部

幼稚部の教育・保育について

1.幼稚部における幼児の様子
(1)教員や友達と共に関わる集団あそびを経験する中で、子どもたちが積極的な活動参加や、他者との

         情動共有、行為やことばでの関わりに広がりが見られる姿

       →大人や友達と一緒に、さまざまな活動を経験する中で、「できた!またやってみたい!」という

          気持ちを育むことが重要。

 

(2)生活面、運動面、認知面、言語面、関わりの面など、子どもたち一人一人の育ちの様相は

      さまざまである。

       → 家庭や関連機関と連携をしながら、一人一人の多様な教育的ニーズに応じた教育計画を立て、

      日々の取り組みを行うことを重視。

 

2.    幼稚部教育目標                         
(1)「できる、わかる、楽しい」などの満足感や達成感を大切にして、自発的にいきいきと活動に

         向かう力を育む。

 

(2)実際の生活(「日常生活」・「遊び」)を、人と共にいきいきと楽しむ力を育む。
  ①排泄、食事、衣服の着脱など基本的な身辺処理を自分で行おうとする力を育む。
  ②身近なものや遊具などに興味・関心を持ち、それを使って遊ぶ力を育む、また教師や友だちに

        気付き模倣したり人から学んだりする力を育む。
  ③全身を使った活動を様々に経験し、自分の体を自由に動かしたり、手を使って操作したりする

        力を育む。
  ④音楽・造形的な活動や身近な自然、季節行事などに親しみ、感動を共有したり表現したりする

        力を育む。
  ⑤自分の意思や感情を伝えたり簡単な指示に応じたりするために、日常生活を通じて様々な

   コミュニケーションの力を育む。
  ⑥家庭とよく連絡を取り、一日をリズムよく生活する習慣や親子のかかわりを育てる。


  (3)教師への愛着と信頼を十分に形成し、教師や友だちといっしょに遊んだり活動したりする力を育む。

幼稚部時間割

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba