中学部

平成26年度 3学期トピックス

3月17日 中学部トピックス1

卒業式が行われました!

 

 中学部の卒業生が立派に巣立って行きました。

 本校の卒業式では、卒業証書授与の後に在校生と卒業生による「呼びかけ」があります。

 この「呼びかけ」では、在校生と卒業生がお互いに感謝の気持ちを伝え、中学部生活の思い出を呼びかけます。

 今年も、自分で考えた言葉でそれぞれの思い出を呼びかけました。

 

 何度も練習して言葉を覚えた生徒、カードを手がかりに大きな声で呼びかけた生徒、音声ペンを操作しながら呼びかけた生徒、一人一人の生徒が胸を張り、自信を持って呼びかける姿が印象的でした。

 最後は、「島人ぬ宝」を歌ってお別れしました。

 2番の歌詞は中学部オリジナルの歌詞です。

 仲間の絆が中学部の宝、わたしの宝と歌いました。

 

 「自信を持って!胸を張って!大丈夫だよ!」みんなでエールを送りました。

 ふぁいと!

3月17日 中学部トピックス2

附属高校交流会の報告です!

 

 今年度最後の附属高校交流会が行われました。

 学年末試験が終って一息ついている附属高校交流委員会の生徒達が、本校に来校し、音楽交流を行いました。

 沖縄の音楽を学習してきた中学部では、パーランクーや沖縄太鼓をたたきながら「島人ぬ宝」を歌ってきました。

 今回の交流では、卒業生も加わり、みんなでうたを歌い、演奏しながら親睦を深めました。

 

 交流会後には、交流委員会の生徒達と1年間の振り返りを行いました。

 今後の交流について、どうしたら互いの交流がもっと深まるか、自分たちがどう関わっていけば大塚の生徒達の気持ちがわかるようになるのかなど、様々な高校生の考えを聞くことができ、大変有意義でした。

 次年度も継続してお互いのためになる交流および共同学習の場を考えていきたいです。

3月11日 中学部トピックス1

卒業制作が完成しました!

 

 今年の卒業制作は、修学旅行で行った「沖縄」の思い出を題材にしたステンドグラス調アート制作に取り組みました。

 

 シーサーやハイビスカス、デイゴの花、沖縄の海や空、風をイメージした今回の作品は、生徒が下絵を描き、アクリル版への縁取りや色塗りを全員で行って一つの作品を完成させました。

 小さな絵ですが生徒達の思い出がいっぱい詰め込まれた素敵な作品です。また、この作品は、額の中にLEDライトが仕掛けられており、鮮やかな色彩で映し出されます。

 

 除幕式では、中学部生徒が全員集合し、卒業生の作品を鑑賞しました。

 ライトを点灯すると拍手とともに大歓声がわき上がりました。そんな中、空と海、風を担当したAさんは、いつまでも絵を見つめていました。

 

 卒業生一人一人の個性がいかされた素敵な作品になりました。

 きっとこの沖縄の絵を見るたびに楽しかった修学旅行を思い出すでしょうね。

3月11日 中学部トピックス2

卒業生リクエスト給食がありました!

 

 毎年、卒業学年には給食室からリクエスト献立のプレゼントがあります。

 3年生は、みんなで話し合って青森県八戸市の郷土料理「せんべい汁」をリクエストしました。

 生徒達は、1月の校外学習で行った「ふるさと祭り」でせんべい汁を知り、お土産に買っていた生徒がいました。

 

 その日は、教室に土鍋を持ち込み、IHヒーターを使って具材を煮込み、つゆせんべいを自分たちで割って入れました。

 味がしみ込んだせんべいは、弾力のある食感でとてもおいしかったですね。みんな大喜びしながら鍋を囲みました。

 3年生だけの特別メニューでしたが、食文化を学びながら楽しい給食でしたね。

 来年の卒業生は何をリクエストするでしょうか。

3月10日 中学部トピックス

中学部お別れ会が行われました!

 

 中学部では、3年生の卒業を祝う「お別れ会」を生徒達の手で行います。

 1・2年生が中心となりプログラムや招待状、会場の装飾などの準備を進め、当日は全員が役割をもって進行を行いました。

 和やかな雰囲気の中、笑いあり、涙ありの心のこもった温かいお別れ会になりました。

 卒業生は、一人一人が3年間の思い出や高等部に行って頑張ること、そして後輩に向けたメッセージを述べました。

 胸を張るその先輩達の姿に1・2年生達は尊敬の眼差しで見つめていました。

 君たちのきっとそんな素敵な先輩になっていきますよ!大丈夫!

 

 主事からは、中学部が大切にしているメッセージを5つ伝えましたね。

 日頃、みんなに言ってきた言葉ですが、しっかりと心に刻んで高等部に行ってくださいね。

 

 「願い」を育てること

 「自分を信じ」何事にもチャレンジすること

 「目標」に向かって努力すること

 「仲間」と励まし合うこと

 「感謝」の気持ちを忘れないこと

 

 第2部は、歌やダンス、親子対抗風船バレー大会などで盛り上がりました。

 また、1年生からは素敵な手作りキャンドル、2年生からは真鍮製の手作り燭台をプレゼントにもらい卒業生達は感激の様子でした。

 

 最後は、全員で記念撮影をしました。また、一つ楽しい思い出ができましたね。

 この日の1年生、2年生、そして3年生はとても立派で素敵な中学生でしたよ!

3月5日 中学部トピックス

沖縄音楽を楽しみました!

 

 中学部では、毎年音楽鑑賞会を企画しています。

 今年は、沖縄から「南島詩人」平田大一さんをお招きして沖縄の楽器の紹介や歌や踊りをたくさん披露してもらいました。

 

 沖縄の修学旅行に向けた取り組みでは、沖縄地方の自然や文化の学習をしています。音楽では、エイサー太鼓やパーランクー、三線などの楽器に触れてきました。

 鑑賞会では、竹笛による沖縄の子守唄やエイサー太鼓をたたきながら自作の歌を聴かせていただきました。平田さんが唄う歌や奏でる音楽は、とてもやさしく心地よく、時に力強く心に響いてきました。生徒達も、静かに聴き入ったり、思わず体を動かしたりしながら楽しみました。

 

 平田さんは、たくさんの詩も詠んでいます。鑑賞会では、詩集「南島詩人」より「群星(むるぶし)」の朗読をしてくれました。

 それまで、楽しく盛り上がっていた生徒達が、まるで魔法にでもかかったかのように朗読に耳を傾ける姿が印象的でした。

 平田さんが18歳の時に詠んだというその素敵な詩の一節をご紹介します。

 

  光を放て 南の群星

  夢は追うな!と叫んでいる。

  星を眺める一人になるな

  星そのものにならねばならぬ

  夢に振り回されず

  ただ遠くで夢をみるのではなく

  「夢」そう夢そのものに

  ならねばならぬと声がする 

 

 中学部では、生徒自身の「願い」を大切に育て、何事にも「自分を信じて」力強く生きてほしいと願っています。平田さんの詩から私たちが大切にしていることに通じる何かを感じました。

 「現在」の自分、そして「未来」の自分を信じて!と・・・。

 

 鑑賞会が終って、中学部がこれから取り組みたいことをお話したところ、これからも色々な情報をいただき、大塚で、また沖縄で音楽交流を行いましょうという嬉しいお言葉をいただきました。

 しばらくは、沖縄をテーマに様々な学習経験を考えて行きたいと思います。

 

 平田大一さん ありがとうございました!

3月3日 中学部トピックス

クラス校外学習に行ってきました!

 

 先週、生徒達が企画を進めてきたクラス校外学習がありました。

 何日も前から楽しみにしていた生徒達は、学年最後の楽しい思い出を作ることができたようでね。

 3年生にとっては、中学部生活最後の校外学習でした。気持ちのいい青空の下、仲間の絆をさらに深めることができたようです。

 4月からは新しい友達が仲間入りします。この先の3年間、もっともっと素敵な経験が待っていますよ!楽しみですね。

2月26日 中学部トピックス

3年生は卒業に向けた取り組みをしています!

 

 3月に卒業式を控えた3年生は、高等部の授業体験をしたり、給食交流に出かけたりしました。

 はずかしくて自分を表現できない生徒もいれば、うれしくて興奮してしまう生徒がいましたが、生徒なりに緊張感をもって高等部の授業に参加していたようです。

 

 卒業制作や卒業アルバムづくりも順調です。アクリル絵の具を使ったステンドグラスの制作はきれいな縁取りが終了しました。自分たちで描いた下絵をもとにしたシーサーや沖縄の海、空、花の素敵な絵の完成が間近です。

 

 今週は、クラス校外学習の事前学習にも取り組みました。今日はiPadで目的地の情報を調べたり、目標を考えたりしました。

 中学校生活最後の校外学習。生徒達は、楽しみで仕方ない様子です。

 中学部では、卒業生を送る会の企画と運営を2年生と1年生が担当します。今週は、会のプログラムづくりや会場装飾、プレゼントづくりに取り組みました。

 今日は、2年生と1年生の全員で3年生に招待状を手渡ししました。2年生が作った心のこもった招待状を受け取った3年生は、興奮しながら給食の準備も忘れてプログラムを読んでいました。どんな会になるのかとても楽しみですね。

 1年生は、造形の時間を使って会場装飾を作ったり、ロウやクレヨンを溶かして素敵な「○○○○○」のプレゼントを作ったりしました。楽しみですね。

2月17日 中学部トピックス

研究協議会へのご参加ありがとうございました!

 

 先週13日、第50回知的障害児教育協議会が行われました。

 穏やかに晴れた冬の天気の中、北は北海道から南は沖縄まで、大勢の方々にご参加いただきました。

 午前中は、仲間関係を育む「生活」の授業を公開いたしました。いつもと違う雰囲気の中、緊張した面持ちで授業に挑んだ生徒もいましたが、みんないつもの力を発揮していました。

 午後の分科会では、部研究の概要説明の後、公開授業を行った二つのグループに分かれてポスターセションを行いました。

 ここでは、中学部が大切にしている「仲間意識」を育むための「集団活動」「役割」「振り返り」といった4つの観点で具体的な手だてや生徒の育ちについて発表しました。今年は、自分と友達の活動における「振り返り」の設定についてたくさんのご意見をいただきました。

 今後も、お互いを認め合い、自信を持って活動に参加できるようになるための「振り返りの深化」を目指していきたいと考えます。

 皆様からの貴重なご意見を参考に今後の指導にいかしていきます。

 

 今回も全国から200人を超える申し込みがあり、中学部の分科会へは、60名ほどの参加者がありました。皆さん、どうもありがとうございました。

 本日、3年生が高等部の作業学習を見学しました。4月の進学に向けて生徒達の気持ちも引き締まります。

 先週は、卒業までに頑張る目標を立てました。挨拶や返事をすること、時間を守ること、話を聞くこと、など一人一人が何をしっかりと意識しなくてはいけないかについて考えていました。

2月12日 中学部トピックス

 明日13日(金)は、第50回知的障害児教育研究協議会が本校で開催されます。

 この協議会は本校の運営方針である3つの拠点構想の一つ、「先導的教育拠点」の研究成果を全国に発信する重要な機会です。

 本年度も全国からの参加申し込みがあり、大勢の方々が中学部の実践を参観していただく予定です。

 

 これまで全校研究では、「根拠」に基づく実践の追究を目指し、知的障害児教育における教育的ニーズに応じた系統性・柔軟性あるカリキュラム研究をテーマに掲げてきました。

 中学部では、仲間関係を育む授業づくりに取り組んでおり、学期から縦割りグループでゲーム活動を展開しています。

 学年毎のゲーム活動とは違った縦割りならでわの上級生と下級生の関わりが生徒同士の社会性を育まれています。

 明日、参観される皆様には、役割やゲーム活動に進んで取り組む姿や友達へのあたたかい関わりをする姿をみてもらいたいと思います。

 また、お互いに認め合う中で自信をもって活動に参加する生徒達の様子をご覧下さい。

 

 中学部の分科会では、2つのグループでポスター発表を行います。

 どのようにして多様な教育的ニーズを反映させて本時の授業が計画されたのかそのプロセスを発表します。

 また、事例を通して、ゲーム活動の中でどのような育ちがみられたのか、中学部の研究テーマとして取り組んだ「仲間関係を育む活動の系統的な学習内容の整理」についてご紹介いたします。

 

 今日は、明日、大勢のお客さんを迎えるにあたって、椅子や机などの準備や教室、廊下の掃除も生徒達が行いました。教員も生徒も明日の公開研究会に向けて張り切っています!

 中学部では、「生活」で行うゲーム活動に限らず、様々な学習活動に「役割」と「振り返り」の機会を設定しています。その一例と実際に活用している学習支援ツールを紹介します。

「グッドポイント」:個々の主体的な活動を支援する評価ツール

 生徒が積極的に係活動や学習に参加する姿が見られた時、教員が「グッドポイント」としてシールを与えています。生徒はそのシールを上着の胸に貼って学習に参加し、授業終了後は教室に掲示されたポイントシートに貼っていくという手続きを行っています。

 「グリーンポイント」:仲間関係の促進を支援する評価ツール

 生徒が友達へのあたたかい言葉掛けや応援、援助などを行う姿が見られた時、「グリーンポイント」としてシールを与えています。その先の手続きは「グッドポイント」と同様です。

 これらの取り組みは、ポイントがいくつ貯まるかという目標を設定して友達と数を競うものではなく、教員から褒められた数だけポイントシールとして形に残し、授業の振り返りの際、個人の頑張りを教員や友達などの他者に評価してもらうために活用しています。

 こうした友達同士で互いに認め合う経験の積み重ねは、主体的な活動参加や友達への関わりの動機を高め、教員に支えられるのではなく友達に支えられることによって参加する共同的な学習が可能になると考えています。

 協議会の昼食時間には、会議室にて大塚祭で取り組んだ中学部ミュージカル「トラップ一家物語」の練習から本番までの様子をビデオ上映いたします。

 中学部の生徒達が精一杯取り組んでいる様子をご覧下さい。

大塚祭 中学部ミュージカル「Believe」第2作 「トラップ一家物語」 ドレミの歌合唱

2月6日 中学部トピックス

3学期の学習の様子です!(その2)

 

 研究協議会を来週に控えている本校ですが、中学部では、公開予定の仲間関係を育む「生活(生活単元学習)」の授業以外にも毎日の学習を大切にしています。

 

  スキー合宿の描画に取り組んだ1年生では、いよいよ完成です。スキーをする自分の等身大に近いダイナミックな作品が仕上がりました。

 4月の造形では、画用紙いっぱいに絵を描けなかった1年生でしたが、紙面一杯に表現できるようになりましたね。発表では、絵を見せながら作文を披露しました。

  造形の学習で金工に取り組んだ2年生は、円形の真鍮板をたたき出して燭台づくりに挑戦しました。玉台に平らな金板をのせ、槌や金槌、坊主を使って少しずつ板を丸めていきました。出来上がった燭台はとてもおもむきがあり素敵な作品に仕上がりました。

 卒業制作でステンドグラス風のアクリル画に取り組んでいる3年生は、まずは練習にはがき大の作品を作りました。

 テーマは修学旅行の思い出、「沖縄」です。自分で描いた下絵の上にガラスを置き、黒で縁取りした後にアクリル絵の具を流していきました。光にすかすと絵が浮き上がりとてもきれいな作品になりました。

 週に2時間設定されている「グループ学習(自立活動)」では、それぞれのグループの課題に集中して取り組む生徒達の姿が見られています。

 コミュニケーション表現が課題のグループでは、先生の話や友達の話を聞き取り、プリントに記述する学習をしていました。これも大切な学習ですね。

 中学部では、個々の学習課題に応じて6つのグループ編成をしています。ICTを使ったやり取りの学習するグループや金銭実務の課題に取り組むグループ、認知課題など、実際の生活に結びつく学習に取り組んでいます。

 毎週木曜日は作業学習があります。今週は、作業オリエンテーションを行いました。3つのグループに分かれて全員が「焼きもの班」「スリッパ・タイル班」「園芸班」「藍染め班」の体験を行いました。「来年は○○班で□□を作りたい!」など、生徒達はどの作業班の体験も真剣に取り組む姿が見られました。

 この日は、小学部6年生の生徒も1日体験で参加しました。先輩達のやさしい働きかけに促され、教員がいなくても生徒同士で学習を進める姿が印象的でした。

 4月、楽しみにしていますよ!

 木曜日と金曜日の2日間、筑波大学の体育専門学郡に所属する介護等体験の学生が各クラスに配属されました。

 生徒達に、様々な体験をさせてあげたいと考える中学部では、スポーツに取り組んでいる学生が配属された時には、得意な運動を披露してもらいます。

 今回は、迫力あるバドミントンとハンドボールを見せてもらいました。

 素早い動きでシャトルを追い、見えない速さでスマッシュを打ち込む姿やかっこよくジャンプシュートする姿を憧れの眼差しで見ていました。

 そんな姿に刺激された生徒達は、次は私も僕もとチャレンジしていました。

 毎週火曜日の午後は音楽です。いよいよ琉球音楽の学習が始まりました。

 「島人ぬ宝」の歌は全員のお気に入り。今回は、三線と沖縄太鼓に合わせて歌いました。

 3月の音楽鑑賞会に向けて、大太鼓、小太鼓、パーランクー、一五一会(音来:ニライ)の楽器で演奏することが目標です!

 こちらも楽しみですね。

1月29日 中学部トピックス

2年生が調理実習をしました(1月29日トピックス)!

 

 家庭でいかせる調理学習に取り組んでいる中2では、本校卒業生が就職しているザ・ペニンシュラ東京からお招きした総料理長のアダムさんと副総料理長の荒木さんにご指導いただき、ハンバーグと野菜のソテーを作りました。有名ホテルのシェフ直伝の料理の味は抜群だったようですよ。

 料理のコツを教わった生徒達、今週の宿題は親子でハンバーグかな?

 

 生徒達は、英語を話すアダムさんとの会話も楽しんでいました。お忙しい中、ご協力いただいたザ・ペニンシュラ東京のアダムさん、荒木さん、秘書の鴨島さんに感謝いたします。ありがとうございました。

1月30日 中学部トピックス

新春ボウリング大会をしました!

 

 毎年恒例の新春ボウリング大会を東京ドームボウリングセンターで行いました。都内は朝から雪が降っていましたが子ども達はスキー合宿の完全防備で元気に登校してきました。

 

 7月に高尾山登山が雨で中止になった時に行われたボウリングでは、優勝が3年生、2年生と1年生が順に続く結果でした。

 今回、打倒3年生で勝負に挑んだ下級生でしたが、結果は僅差で3年生が連覇を果たしました。

 

 ストライクやスペアをとった生徒に駆け寄る友達の姿や拍手で喜ぶ姿が数多く見られました。7月の大会よりも友達同士で喜んだり、励まし合ったりする生徒達の姿に成長を感じました。

 

 ボウリングの後はお楽しみの昼食です。クラスごとに相談してレストランへ向かいました。2月のクラス校外学習で横浜に行く1年生は、円卓で食べる中華料理。計算機を持って回転寿しに向かったのは2年生。焼きオムライスのお洒落なお店を選んだのは3年生でした。みんな、満足したようですね。

 午後は学校に戻り、表彰式を行いました。

 クラスの順位発表と5位までの個人賞、そして、ストライク、スペア賞を発表しました。

 優勝目指して頑張った2年生は悔し涙を流していましたが、君たちの活躍の場はちゃんと4月にやってきます!ドンマイ!

 

 最後は介護等体験の実習に来た筑波大学ダンス部の学生が音楽で練習している「島人ぬ宝」の曲に合わせて即興ダンスを披露してくれました。

 思わぬスタンツに生徒達は大喜び。僕も私もと楽しく一緒に踊りました。

1月29日 中学部トピックス

3学期の授業を紹介します!

 

 スキー合宿に向けた特別日課が終わり、今週は通常の日課で学習が展開されました。

 各クラスの「生活」では、スキー合宿の振り返りの学習を行い、作文や絵画に取り組みました。中3では、スキーをしている写真を選び、その時の様子を作文したり、絵を描いたりしました。作文も絵も上手になってく自分に気づき、うれしそうでした。中1の生徒達は、2枚の画用紙をつなげてダイナミックなスキーの絵を描いていました。完成したら見応えありますね。

 体育では、3学期の単元、「なわとび」と「風船ゴルフ」が始まりました。

 縄跳びが得意の中3Aさん、かつて縄跳び少女だったB先生、そして体育が専門のC先生とD先生が二重跳びを時間で競いました。結果はもちろん・・・。

 この他に、2本の長縄を使った活動では、跳んだり、くぐったり、這ったりしながら様々な動きを経験しました。

 

 風船ゴルフは、新聞紙を十字に巻き付けた風船をスティックで打つ活動です。風船が大きいのでどの生徒も簡単に打つことができます。「1、2の3!」掛け声に合わせて打った風船はまっすぐ転がったり、左右に転がったりしていました。

 最後は、クラス対抗でゲームを行いました。ホッケーのゴールをねらい、順番に打っていきました。少ない打数でゴールインしたのはなんと2年生でした。 

 悔しがる1年生と讃える3年生。対照的な姿が印象的でしたね。

 今年度の作業学習も残り少なくなってきました。藍染め班では、タマネギの皮を使った草木染めを行いました。

 恒例のタマネギ茶を飲んだ生徒の反応は、意外にも「おいしい、いける!」という生徒が多かったようです。みょうばんや木酢液の化学反応によって染色した二つの色に驚く生徒達。素敵な作品の仕上がりに歓喜していました。

1月23日 中学部トピックス

3日間のスキー合宿が終わりました!

 

 中学部の生徒達は、合宿中に怪我をしたり体調を崩したりすることもなく無事に3日間を過ごすことができました。

 

 23日の午前中は、合宿を締めくくる認定式が行われ、笑顔で認定証を受け取りました。昨年初めてスキーを体験した2年生が2階級も進級した生徒がいたり、目標にしていた進級に歓喜する生徒がいたりと大変盛り上がりのある認定式でした。

 認定証は、副校長から授与され、一人一人が頑張ったことを発表されるたびに賞賛の拍手を送る生徒達の姿がありました。

 また来年、進級を目指して頑張りましょうね。

 

 学校の行事は単発になりやすいものですが、本校では、新しい経験と繰り返しの経験を大切にしています。

 生徒達の生活経験を広げ、「今とこれからの将来」の生活を豊かにするためには、日頃経験することのできない場所に行って活動することが大切です。生徒達は、体験の積み重ねによって様々な興味や関心を育みます。

 一方で、同じ体験を繰り返す中で、生徒達は見通しをもって主体的に活動に参加し、次に何を頑張るか目標をもって取り組む姿がみられるようになります。

 今年の合宿では、1年生の生徒の姿と3年生の生徒の姿を見た時、改めて「2つの体験」のよさを感じました。

 

 生徒達が解散した後、ボランティア学生と職員でスキー合宿の振り返りをしました。

 本校の生徒達が友達同士で支え合っている姿が印象的でしたと感想を発表した学生がいました。

 中学部が大切にしていることが様々な機会で発揮されていることにうれしく思いました。

1月22日 中学部トピックス

スキー合宿2日目!みんな元気に滑りました!

 

 今日の天気は、朝から雪でした。

 時折小雨が降りましたが生徒達のやる気も気合いも十分。みんな天候に関係なく元気でしたね。

 

 午後の活動では、A班もB班も全員がスキー板をはいて緩斜面を滑ったようです。E班はゴンドラに乗って全長2キロのミルキーウエイコース、F班は、西山ゲレンデの国体コースにチャレンジしました!

 生徒達は昨日よりも上達した自分に気づいている様子で、自信をもって滑走している姿が見られましたね。転んでは立ち上がり、何度もチャレンジする姿が印象的でした。

 

 みんな、明日の認定式が楽しみのようです。さあ、何級になったでしょうか。

 

 夕食後は恒例のナイトレクリエーションです。気温も高く、快適なコンディションの中で宝探しゲームとそりリレーを楽しみました。

 疲れ知らずの元気な生徒達の笑顔がたくさん見られました。

 

 活動が盛りだくさんの1日が終わり、今日の夜も各部屋から静かな寝息が聞こえています。

 かつて、この合宿は3泊4日だったようですよ。

 もう一日滑りたいと言う生徒がいましたが、残念、明日は東京に帰ります。

 

 ホームシックにかかって早く帰りたい生徒がいれば、滑り足りない生徒もいるようです。

 みんなはどっちかな?

 (つづく)

1月21日 中学部トピックス

いよいよ中高スキー合宿がスタートしました!

 

 本日の東京は小雪まじりの雨だったようですが、合宿先の群馬県片品村は一日曇り空でした。

 それでも気温はあまり低くなく、風もなかったのでスキーの練習には過ごしやすい天気でした。

 

 早朝7時30分に集合した生徒達は、元気に出発式をした後、バスに乗り込みました。保護者に見送られた生徒は、期待に胸を膨らませて一路尾瀬岩鞍スキー場に向かいました。

 バスの中では、自己紹介をしたり、レクをしたりしました。イントロクイズでは、「レット・イット・ゴー」や「ゲラゲラポーの歌」をみんなで歌って楽しみました。

 今回スキーの経験が初めての1年生は、車窓から見える一面の雪景色や軒先の氷柱を見て驚いていたようでした。

 

 宿舎到着後は、開校式を行い、スキーウエアの準備をして活動班に分かれました。

 雪遊びとスキー歩行が目標のA班、補助による緩斜面のスキー滑走を目指すB班、開閉器を使って緩斜面での制動練習を行うC班、リフトに乗って一人で制動練習やターンの練習を行うD班、パラレルターンを目指すE班、全長2キロのコースを使い、斜面に応じた滑走を目指F班、本年度は6つの活動班で展開しています。

 初日は、昨年までの練習の成果を確認しながら楽しく滑る練習をしました。斜面を怖がったり、すぐに休憩を取りたがったりしていた生徒が自分から斜面を登る姿や数回で疲れたと言っていた生徒が根気強く転んでは立ち上がる姿が印象的でした。

 夕食後に行ったミーティングでは、各班が今日の練習の振り返りを行い、頑張ったことや明日の練習で気をつけることを発表し合ったり、滑走の様子をビデオで確認したりしました。

 

 

 明日の天気予報は曇りのち雪。気持ちよく滑れることができるといいですね。

 深夜、みんなの気持ち良さそうな寝息が聞こえてきます。

 全員が楽しい思い出をつくれますように!

1月16日 中学部トピックス

書き初め大会をしました!

 

 先週から各クラスで書き初めをしました。

 今年は、共通課題と自由課題の2つの作品を書き、学部でコンクールを行いました。

 

 共通課題は干支の「未年」、自由課題は各自が好きな言葉を考えて書きました。自由課題で選んだ言葉は、それぞれの個性がありなかなか面白いです。今年一年楽しい年でありたいと願うAさんは「楽しい年」。劇団四季のライオンキングが好きなBさんは「心配ないさ」。陸上大会で一位を目指すCさんは「一等賞」。今年は漢字をたくさん勉強したいという抱負をもつDさんは「かん字」。漢検2級合格を目指すEさんは「内柔外剛」。沖縄の海が大好きなFさんは「うみ」などなど。抱負を選ぶ生徒がいれば、流行語のような「ありのまま」といった言葉を選ぶ生徒がいました。

 Fさんは、毎日自分の名前を書く練習をしています。まだ一人で書くことができませんが、教員に手を添えてもらいながら筆の運びをじっと見ています。中学部の書き初め大会では、そんな生徒達にも、援助をしてもらいながらみんなと同じように課題に取り組んでもらいます。

 人に認められる経験を積み重ねることで、自信をもって生活に向かう力を育てることを目指している中学部では、生徒の頑張りを様々な機会で評価したいと考えています。

 今回は、最優秀賞、優秀賞、校長賞、副校長賞、審査員特別賞を7名の作品に選びました。表彰式では、審査してもらった先生方に直接賞状を渡していただきました。

 賞状を受け取った生徒達の喜ぶ姿が大変印象的でした。賞状は、褒められた(認められた)ひとつの結果を残す上でとても大切な評価ツールです。ご家族の方には、「頑張ったね」って何度も褒めて欲しいと思います。

 大塚の生徒達は、そのひと言ひと言に支えられ、次の目標に向かって頑張ろうとする気持ちをもっています。今回の受賞者は、陸上大会や絵画コンクールで受賞歴の少ない生徒がほとんどでした。「絵を描くのは苦手だけど、字を書くのは大好き。」自分の得意なことを知り、そんな自分のいいところを伸ばして自信をもってくださいね。

 

 表彰式では、こんなエピソードがありました。

 賞をもらえなかったGさんは悔し涙を流していました。それだけ一生懸命頑張って書いたんですね。でも、君の頑張りはみんなが知っていますよ。

 一年生が悔しがる姿の後で、賞をもらえなかった三年生の生徒は、笑顔で温かいメッセージを送っていました。中学部の目指す仲間関係の育ちが見られたとても素敵な一瞬でした。

 Gさんはきっと数年後に、気持ちよく「おめでとう!」って言えるようになると思いますよ。

1月14日 中学部トピックス

 「ふるさと祭り東京」に行ってきました!

 

 13日(火)東京ドームで行われている「ふるさと祭り東京」に行ってきました。

 ふるさと祭りは、日本全国のお祭りや物産品を紹介するイベントです。中学部では、様々な地域の文化を学び、将来の余暇にいかすための学習を行っています。

 生徒達は、家族や教員の出身地など、関心のある地域のお祭りやふるさとの味に触れることができました。

 

 A先生の出身である青森県を調べた3年生のBさんは、迫力あるねぶた祭りのステージに感動していました。物産品ブースでは、せんべい汁セットをお土産で買い、家族で食べるのを楽しみにしていました。

 電車が好きなCさんは、W7系北陸新幹線グランクラスのシートに試乗して大満足のようでした。家族で旅行できるといいですね。

 1年生は、富山たてもん祭りに飛び入り参加。高さ16メートル重さ5トンのたてもん(90余りの提灯をつり下げ、大柱を船に見立てたそり台)を引っ張ってお祭りのステージを盛り上げました。貴重な経験でしたね。

 

 お楽しみの昼食は、全国ご当地どんぶり選手権に参加している様々な地方のおいしいどんぶりを食べました。かごしま黒豚三昧、神戸牛焼肉丼、名古屋コーチン親子丼、アルプスサーモン丼などなど、あまりのおいしさにみんな舌つづみを打っていました。

 

 中学部では、様々な経験を通して生徒の学びを深め、余暇の生活を楽しめるようになってほしいと願っています。家庭の生活においても、子どもの経験からどのような学びが広がるかを考えてみてください。楽しいですよ。

1月8日 中学部トピックス

 いよいよ3学期のスタートです!

 

 本日行われた始業式では、柘植校長先生からお正月をどのように過ごしたかについて生徒に質問する場面がありました。生徒達は家族で旅行したことやお雑煮を食べたことなどについて笑顔で答えていました。

 クラスでも冬休みの思い出を発表し合いました。みんな充実した冬休みを過ごしたようです。

 

 3学期は、21日から行われる中学部・高等部スキー合宿、中学部ボウリング大会(校外学習)、音楽鑑賞会、クラス校外学習などが予定されています。

 クラス校外学習の調べ学習が宿題となっていた2年生3年生では、「生活」の時間に調べたことを発表し合いました。中学部では、生徒が行ってみたい場所を調べ、話し合いをして行き先を決めています。どんな楽しい思い出ができるか楽しみですね。

 

 2月13日(金)には、公開研究協議会が行われます。中学部では、4月から取り組んできた仲間関係を育む授業を公開します。生徒同士のかかわりが深まり、支え合いながら主体的に活動に参加する姿を参観者の方々にみていただきたいと思います。

 本校では、小学部から高等部までがクラスごとに整列して教室移動しています。小学部は、ペアで手をつなぎ、中高等部は、クラスのリーダーが先頭になって号令を掛けたり、先導したりします。毎日のこうした積み重ねが、役割意識や帰属意識が高まり、校外学習などでいかされていきます。

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba