中学部

2018東京プレゼンテーション

中学部合同生活『私たちの東京プレゼンテーション』

【はじめに】

 本校中学部では生活(生活単元学習)の授業の中で、中学部1年生から3年生までの全学年で取り組む『合同生活』という授業があります。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、「自分たちが住んでいる東京の素晴らしさを多くの人たちに伝えよう」を合言葉に、東京を舞台に自分たちが興味のあること、関心のあることが自ら学べるよう設定してきました。生徒たちに東京について学びたいことをアンケートにして、それを教員で集約すると5つのグループを設定することができました。①生き物グループ、②食べ物グループ、③芸術グループ、④物作りグループ、⑤乗り物グループです。

 生徒たちは、自分が興味のあるグループを選択して、どんな魅力があるのか調べ、実際に体験活動に出かけます。そして、体験してきたことをまとめて、最後に別のグループの生徒たちに発表します。このような学習形態を「一期」という形で捉え、1年間で3回(第1期~第3期)繰り返すことができました。発表を繰り返したり学習を積み重ねたりしていくことで、生徒たちの興味や関心の幅が拡がり、学習に対する『願い』がさらに深まっていきました。

 今回は、第4期の発表の場面となります。第4期は重点目標が「プレゼンテーション」となるため体験学習はせずに、発表までの準備時間を重視して取り組みました。今回の発表では、各グループがこれまでの学習成果をプレゼンテーションしてまとめたものになります。残念ながら、④物作りグループは生徒たちが集まりませんでしたので、今回は残りの4つのグループの発表となります。グループによっては、クイズ形式で発表しているところもあります。ぜひ、クイズに挑戦してみてください。それでは、各グループのプレゼンテーションの様子をご覧ください。

【たべものグループ】

 

第1期:身近な東京再発見!〜文京区のおいしいものを探そう〜

 

 私たちは東京のおいしいものを探して、いろいろなところにでかけました。最初は、学校の近くのおいしいものを探しました。

 私たちは、小石川になる「一幸庵」という和菓子屋さんに行きました。一幸庵の職員さんは、水上力さんといって、『情熱大陸』というテレビでも取り上げられた有名は方です。

 私たちは、お菓子を作っているところを見せてもらいました。「練り切り」という餡子のお菓子を作ってくれました。桜や桃や梅の形を上手に作ってくれました。

私は、七夕のお菓子を食べました。緑色できれいでした。中には小豆がはいっていて、おいしかったです。

私は水ようかんを食べました。プルプルでした。口の中にいれると、とろけるようでした。

第2期:東京のお菓子〜東京製菓学校に行って洋菓子作りを習おう!〜

第2期では、「東京製菓学校」に、体験学習をしにでかけました。

 東京製菓学校では、フィナンシェとマドレーヌというお菓子を作りました。日本のお菓子やパンはとてもおいしいので、外国からもたくさんの人が習いに来るそうです。

 出来上がってお菓子をお母さん、お父さん、お姉ちゃんにあげました。みんなから「おいしいよ!」と言ってもらいました。私はマドレーヌがとってもおいしくできたと思います。

第3期:おいしい日本料理〜「親子丼」を食べに行こう!〜

 

 第3期では、おいしい日本料理として、親子丼を調べました。

私たちは、人形町の「玉ひで」という親子丼の有名店に行きました。玉ひでは258年前からあるそうです。玉ひでは大人気で、私たちが行った時も行列ができていました。席に着くとお茶と鳥のコラーゲンの入ったスープが出てきました。親子丼は卵がトロトロして、鶏肉はプリプリしてとっても美味しかったです。

「Hくんは、食べ物グループの発表を聞いてから、冬休みに、玉ひでにいって、親子丼を食べたそうですが、玉ひでの親子丼はいかがでしたが?」

「親子丼は最高においしかったです!鳥のスープもすごくおいしかったです!また食べに行きたいです!!!」

最後に

 

 私は、今年はひとつしか体験できなかったので、来年こそは、3回全部体験したいです。そのときは、みんながおいしいといっていた親子丼を食べたいです。

 

 私は、東京製菓学校や玉ひでの親子丼を体験できました。沢山の人に東京の美味しいものを知ってもらいたかったです。みんなで一緒に美味しいものを探しに出かけたことが楽しかったです。

 

 私は、卒業なので、最後の合同生活になりました。食べ物グループの友達が紹介してくれた親子丼を家族で食べにいきたいと思います。

 東京にはまだまだ美味しいものがたくさんあります。私は高等部にいっても、おいしいものを調べたいです。

【のりものグループ】

 

 私たちは、東京の乗り物について調べたり、体験したりしました。第1期から第3期に体験したこと、第4期で調べて発表したことを中心にプレゼンテーションします。

 

第1期:学校周辺の乗り物をさがして写真をとろう!

 学校から一番近い後楽園駅周辺へ行きました。後楽園駅では、二人ずつペアになって、iPadで写真をとったり、駅員さんに後楽園駅の中を案内してもらったりしました。興味ある場所(路線図、切符売り場、ホームの表示、電車など)の写真をたくさんとりました。駅のホームには、ホームから落ちないようにホームドアが付けられたり、駅の案内表示も色々な国の言葉で書かれていたりしました。後楽園駅には、丸ノ内線や南北線が走っています、丸ノ内線は2月から新しい車両になります。赤くて丸い形をしているそうです。早く乗ってみたいです。

それから、文京シビックセンターの展望台にあがって、景色を眺めました。東京スカイツリーがよく見えました。電車のほかにも小さくバスや自動車等、たくさんの乗り物が走っていました。

 第2期:お台場スペシャルコースでいろんな乗り物に乗ろう!

 お台場では、電車やバスに乗ったり、船や自動車を見たり、レーシングカーの体験(※スクリーンの映像を見て)をしました。

 ゆりかもめや電車、バスに乗って、船の科学館とメガウェブという自動車の展示場に行きました。船の科学館では、南極観測船「宗谷」の中を見学しました。(※「宗谷」は、東京湾から、初めて南極へ行った船です。)船の中には、人形がかざってあり、どのように生活していたかが分かりました。

 メガウェブでは、昔の自動車や本来の自動車、レーシングカーなどがありました。その中から、好きな自動車の前で写真をとったり、座席に座ったりしました。レーシングカーの体験では、スクリーンに景色がうつって、座席がゆれて、とても怖かったです。(※映像に合わせて座席が動き、レーシングカーに乗っているような臨場感が体験できます。)

第3期:地下鉄をもっと知ろう!船に乗って東京の名所へ行こう!

 電車に乗って、地下鉄博物館に行きました。電車の模型を見たり、運転の体験をしたりしました。電車の運転士をしていた方の話を聞いたり、みんなで考えておいた質問をしたりして、色々と教えてもらいました。

 質問したこと、①電車は、何人乗りですか?②電車は、どのように動いていますか?③電車のデザインは、誰が決めていますか?

 ①の質問については、電車の種類でも違いがあるそうですが、1車両でおよそ100人位の定員だそうです。朝のラッシュの時間では、2倍(200人)ちかくの人が乗っているそうです。

 ②の質問については、電気の力で動いています。すでに南北線などでは、自動運転が始まっていて、ボタンを押して走っているそうです。

 ③については、鉄道会社やデザイナーさんが話し合って決めているそうです。

地下鉄博物館に展示している丸ノ内線の第1号車は、アメリカのタバコの箱のデザインとロンドンバスの赤をモチーフにしているそうです。

 それから、水上バスに乗りました。日の出桟橋から浅草までいく間、水上バスからは、たくさんの橋が見えました。相撲で有名な両国国技館や東京スカイツリーも近くに見えました。浅草に着いてからは、東京スカイツリーや浅草寺の雷門をバックに記念写真をとりました。

第4期:東京の乗り物をもっと調べて発表しよう!

 今まで体験したことをまとめて、もっと調べたいことについて、みんなで話し合いました。そこで、もっと自動車について調べてみたいという意見が出て、「未来の自動車」と「東京のタクシー」について調べました。

 未来の自動車については、インターネットで調べました。未来の自動車は、ハンドルを持って運転しなくても動く『自動運転車』や、ヘリコプターのように空を飛ぶ『空飛ぶ自動車』ができるかもしれないそうです。空飛ぶ自動車ができたら乗ってみたいです。

 東京で最近よく見かけるタクシーは、今までのタクシーと比べて大きいです。それは、車いすの人や体の大きな外国人も乗り降りがしやすくするためです。

 私たちのくらす東京では、2020年に『東京オリンピック・パラリンピック』があります。その時には、外国人や体の不自由な人たちがたくさん集まります。『人にやさしい乗り物』『人にやさしい東京』をみんなに伝えていきたいです。

【いきものグループ】

 

 私たち、いきものグループは、2月8日(金)に行われた「学習発表会」の内容をもとに、ホームページの原稿を作成しました。パソコンやiPadのアプリを用いて、自分たちで文字を打ち込みました。

今回は。第3期に訪問した「上野動物園」について紹介し、東京の魅力をプレゼンテーションします!

○ 上野動物園の歴史

 明治15年(1882年)に開園しました。日本初の動物園です。

 

○じゃらん調べでは、上野動物園は、東京都にある動物園でのランキング、1位です!!

○上野動物園には、アジアゾウがいます。

 スーリヤは25才です、体重は3510kgです。僕の68人分です。

○クイズです

 ゾウと人間に、似ている所があります。それは、どこでしょう。

 ①足の指の数が5本

 ②足のうらに、指もんのようなもようがある。

 

☆答えは、2番です。人間の指紋のように1頭ごとにちがっています。「パオーン」

○サイには、つのがあります。

 みみは、うしろまでうごきます。ひふが、かたいです。

 かばより、よわいけど、サイがすきです。さいはつよそうです。

うえのどうぶつえんはサイがおすすめです。ぜひみてください。

○上野動物園の私たちのおすすめ

○上野動物園には、ユーラシアカワウソがいます。他の動物園や水族館で見られるのは、コツメカワウソです。ユーラシアカワウソは、音水かきのある足で泳ぎます。水中では、鼻と耳の穴を閉じます。カワウソのお母さんは、よその子までしっかりと育てます。

○クイズです。

 カワウソの糞は、とてもいいにおいがすると言われていますが、どんな匂いでしょうか?

 ①バナナ

 ②バラ

 ③ジャスミンティー

 

 ☆正解は、③番のジャスミンティーです。

【げいじゅつグループ】

 

みんなで「東京発見」をしよう!

★「げいじゅつ」ってなんだろう?まずはじめに、みんなで調べてみました。

★まだまだ、たくさんありそうですが、これらが「げいじゅつ」といわれます。

 「げいじゅつ」は、人々の文化(ぶんか)の1つです。

 文化とは、人が生活する時に作られていったり、伝わっていったりする習慣(しゅうかん)・楽しみ(たのしみ)・考え方(かんがえかた)などです。

 ここから、「げいじゅつ」がうまれます。東京の歴史(れきし)と文化(ぶんか)を見つめながら、「げいじゅつ」について学んでみました。みんなのまだしらない東京が見えてきてワクワクしてきました。

では、「げいじゅつ」グループ「みんなで東京発見!」の学習をご紹介します。

 

<第一期>

<第二期>

<第三期>

<第四期>

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba