小学部の行事

小学部の行事について

2020.4.24更新

行事の紹介

小学部の主な行事を紹介いたします。

「教育内容を知る」→「小トピックス」にて、詳細をお伝えしているのものもありますので、合わせてご参照ください。

4月 春の遠足

 新入生を迎えて初めての遠足、学校から急な坂をくだって歩いて行くと小石川後楽園があります。途中は、1.手をつなぐ、2.話をよく聞く、よく見る、3.迷惑をかけない、みんなでお約束を守りながら歩きます。到着後、散策をします。広い庭園には池があり、鯉や亀がのんびりと泳いでいます。

(2020年度は中止いたしました)

5月 運動会

 小学部では、表現種目のダンスと、得点種目の紅白リレーの2つに取り組んでいます。ダンスでは、曲のリズムに合わせて楽しく元気に踊ったり、友達や先生の真似をしながら体を大きく動かしたりして表現することをねらっています。紅白リレーでは、バトンをしっかり持つこと、トラックに沿って1周走ること、友達を応援することなどに取り組み、それぞれのチームの勝利を目指しました。楽しみにしている児童も多く、「運動会の歌」の歌詞にある、「みんなでがんばる運動会」を感じることができます。

 (2020年度は中止いたしました)

5月 そら組(5・6年)宿泊学習

 運動会が終わると、5・6年生はすぐに宿泊学習の事前学習が始まります。静岡県の富士山方面での宿泊学習です。このスケジュールで、宿泊の準備を進めていくことができるのも、さすがそら組、宿泊学習を何度も繰り返し経験しているからです。合宿では、動物や大自然とふれあいます。動物もかわいい動物だけでなく、猛獣へのエサやりにもチャレンジします。頑張るとご褒美なのか、きれいな富士山が顔を覗かせてくれます。宿泊施設では、荷物の整理や次の活動の支度、今日の活動の記録と明日の活動の確認などにも取り組みます。

6月 はな組(1・2年)・つき組(3・4年)宿泊学習

 はな組、つき組の一泊二日の宿泊学習もあります。公共交通機関を利用して目的地まで移動します。動物園や、水族館の見学など、楽しいことがたくさんあります 。宿泊学習やそれに向けての事前学習は、ルールやマナーを守ること、身の回りのことを自分でやることなど、社会生活での自立へ向けた練習をするよい機会でもあります。また、みんなで寝食を共にすることで、お友だちや教員との関係性が深まっていきます。

6月 附属小学校との交流学習(おいもほり、体育交流など)

 毎年附属小学校のお友達と交流学習をしています。「お芋掘り」や「デカパンリレー」など、お友だちと協力する活動や、お互いに持ち寄ったレクリエーション活動を通して仲間関係を育んでいます。お芋掘りは、毎年、附属小学校の保谷田園教場で行っています。みんなでどろんこになりながらたくさんのお芋を掘ります。収穫したお芋を籠に入れたり、運んだりと力を合わせて取り組んでいます。また、「デカパンリレー」は、本校の体育館で行っています。少し大きめのパンツを履き、息を合わせて移動する種目です。お友達とペアをつくり、仲良く活動します。

7月 プーク親子観劇

 新宿にあるプーク人形劇団にて親子観劇会を実施しており、毎年貴重な体験を提供していただいています。本物の舞台で繰り広げられる人形劇を通じて、曲や台詞などに興味をもち、楽しく鑑賞することをねらっています。また、印象に残った演目や場面を振り返り、家族や友達、教員と物語を共有する機会にもなります。さらに、公共の施設でのきまりを守りながら、観劇のマナーも学習しています。

避難訓練 通年

 地震や火災、不審者対応についてのさまざまな形式の避難訓練を、月に一回行っています。放送が鳴ると、教員の指示に従っておしゃべりを止めて耳を澄ませたり、緊急地震速報の音を聞いてすぐに机の下に入ったり、避難時には「おかしも(おさない・かけない・しゃべらない・もどらない)」を意識して早足で移動します。学習を積み重ねることで落ち着いた対応ができるようになってきます。

11月 大塚祭

 2学期の大きな行事である大塚際では、それまで取り組んできた学習の成果を活かして、舞台発表や造形作品の展示などを行います。舞台練習では、最初は緊張の連続ですが、練習を重ねる中で自信をつけ、歌やダンスを楽しみ、大きな声で台詞が言えるようになっていきます。そして、迎える大塚祭当日は、一生懸命練習してきた成果を発表するとても大切な日です。またこの日は、自分たちだけの発表だけではなく、幼稚部の可愛らしい演技を応援することはもちろん、中学生、高校生の堂々とした発表を見て、いずれは自分たちも、といった憧れと見通しを持つよい機会となっています。

12月 餅つき会

 年末年始には、学部全体で「餅つき会」を実施しています。♪ぺったんぺったんぺったんこ♪と「もちつき」の曲のリズムに合わせてお餅をついたり、臼の中のもち米めがけて、力強く杵を振り下ろしたりする姿が見られます。炊きたてのもち米が少しずつお餅に変わっていく様子に興味津々なようです。「餅つき」後は、あんこやしょうゆで味付けられたお餅を食べて大満足な1日です。

2月 研究協議会

 研究協議会には全国各地の先生方が参観にいらっしゃいます。児童たちは「べんきょうをがんばる日」とはりきって授業に臨みます。

校外学習 通年

 校外学習では、さまざまな地域資源を活かし、社会生活スキルを身につけていきます。コンビニエンスストアやスーパーでの買い物学習、ファミリーレストランやファーストフード店でのレストラン学習、公共交通機関を利用した移動学習、テーマパークでのお仕事体験学習、交通ルールを学びながら目的地まで徒歩で行く歩行練習などを行っています。

3月 卒業式

 卒業生修了生は約20名。小学部から高等部まで約50名の在校生が心をこめて旅立ちを祝います。会場は卒業生と在校生が向かい合い、それを見守る形で保護者席があります。皆で卒業をお祝いします。小学部の子どもたちは、門出の日に向けて少しずつ練習を積み重ねていきます。6年生は小学部での生活の集大成として、堂々と卒業式に参加します。

(2019年度は 縮小して実施いたしました)

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba