中学部の行事

中学部の行事紹介

 本校中学部では、生徒の生活経験を豊かにするために様々な校外での学習機会を設定しています。学校生活を楽しく送るために行うもの、体づくりを目的に行うもの、知識や見聞を深めたり、情操を豊かにしたりするために行うもの、将来の余暇活動につなげるために行うものなど、中学生の目的に沿って実施しています。ここでは、1年間の行事についてご紹介します。

■ 新入生歓迎会(4月)

 4月には、新1年生を歓迎することを主なねらいとして、新緑のまぶしい東京大学附属小石川植物園へみんなで歩いて行き、新入生歓迎会を行っています。植物園の広場では、一人一人自己紹介をし合ったり、上級生が中心にクイズやゲーム等をしたりして、会を盛り上げてくれています。新学期がスタートするこの時期にお互いを知り、楽しい活動を共に体験することは大切なことと考えています。

■ 高尾山登山(5月・6月)

 

 5月と6月には、健康な体つくりや体力の維持や向上、余暇を楽しむ力をつけていくことを目指し、高尾山登山をしています。公共の交通機関や施設におけるマナーや買い物などを通して、金銭のやり取りを学習する機会にもなっています。

 

 中学部では、ケーブルで中腹まで登り、山頂までの2.4キロを歩いて登る「ケーブルカーコース」、杉並木がきれいな片道3.8キロの上り坂を歩く「1号路コース」、片道3.1キロの急な上り坂が連続する「稲荷山コース」の中から、生徒の課題に合わせたコースを選んで登山をしています。生徒たちが励まし合いながら、しっかりとした足取りで、それぞれのコースを歩き、気持ちの良い汗をかいて、充実感を味わうことのできる行事となっています。

 

■ 運動会(5月)

 

  中学部では、エイサーの演技や紅白リレーなどに取り組んでいます。エイサーでは、腕や脚を大きく動かしたり、顔を上げてバチに視線を向けたり等、一人一人が具体的な目標を持って練習しています。紅白リレーでは、全員がしっかりとバトンをつなげて、最後まで走りきることを目標にしています。開閉会式は、3年生が役割を担いながら進行しています。

 

   仲間と協力し合いながら共に演技や競技に参加することで、学年をこえた関わりが一段と増えて、学部全体の一体感が高まる機会となっています。

  

  

■附属高等学校との交流会 「交流及び共同学習」 (年間5回程度)

 

 中学部では、平成22年度より筑波大学附属高等学校(以下、附属高校)と「交流及び共同学習」を行っています。本校の生徒たちにとっては、少し年上の高校生と共に活動することを通して、積極的な態度を養い、社会性や豊かな人間性を育むことを目指しています。また、附属高校の生徒にとっては、同じ社会に生きる人として、互いを正しく理解し、共に助け合い、支え合っていくことの大切さを学ぶ機会となることを願っています。

  毎年9月に行われる附属高校の文化祭『桐陰祭』に参加し、合唱や合奏の合同ステージ発表、本校の作業学習で製作した製品の頒布、造形作品の展示等をしています。また、スポーツやゲーム活動を通して、年間にわたって附属高校の交流委員の生徒を中心に交流をしています。 

■ 修学旅行 (9月)

 

 中学部では、令和元年度の修学旅行で沖縄県へ行きました。首里城の見学、那覇青少年舞台プログラムの皆さんと『ダイナミック琉球』の踊りを通した交流、沖縄ワールドで伝統衣装の着付け体験や紅型染め、シーサーの焼き物作り体験、瀬長島での散策、国際通りや公設市場での買い物等を楽しみました。毎年、日本各地の文化の学習を深められるように、行き先を検討して実施しています。

 

■ 芸術鑑賞会

 

 中学部では毎年、芸術鑑賞会を行っています。これまでに弦楽四重奏、沖縄音楽、尺八、

ミュージカル音楽、コーラスグループ等、様々な音楽を鑑賞しています。いつもとは違う雰

囲気の中で、生徒たちは美しい音色に耳を傾けて音楽を聴いたり、一緒にリズムに乗って体

を動かしたりして楽しんでいます。

  

■ 陸上競技大会 (10月)

 

 毎年、駒沢オリンピック公園陸上競技場で開催される東京都特別支援学校・特別支援学級設置学校総合体育大会『陸上競技大会』に中学部の生徒が出場しています。大きな競技場で、緊張感のある雰囲気の中で、他校の生徒たちと競技を通して交流し、達成感や自信を高め、将来の社会生活に向けてもチャレンジする気持ちを高めてほしいと願っています。

 

 

■ 大塚祭 (11月)

 

 午前中は、学習の成果を学部全員でステージ発表をしています。令和元年度は、中学部の行事や学習を歌とダンスで表現して発表をしました。また、午後は、学年ごとで模擬店を開いたり、作業学習で作った製品の販売をしたりしています。

■ スキー合宿 (1月)

 

 中学部と高等部では、昭和53年から毎年1月にスキー合宿を実施しています。自分たちの暮らす東京とは異なる、雪国の自然に触れることや、雪遊びやスキー等を通して、心や体を鍛えること、集団生活を通してマナーを学ぶことをねらいとしています。

 

  中学部と高等部の生徒たちが縦割りグループを作り、一緒に過ごすことで中学部の生徒にとっては、高等部の先輩たちの姿から学ぶことも多く、高等部を身近に感じたり、期待感を高められたりする機会になっています。

■ お別れ会 (3月)

 

 毎年3月に2年生が中心になり、3年生の卒業を祝う「お別れ会」を実施しています。

 

  3年生からは、中学部で楽しかった思い出や、高等部に向けて、頑張りたいことについて一人一人が発表しています。その姿は、どの生徒も希望に満ちあふれていて、一段と逞しく見えます。

 

  学部みんなで一緒にゲーム活動をしたり、3年生へ心を込めたプレゼントを渡したりして、3年生との別れを惜しみつつも、楽しいひと時を過ごしています。

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba