高等部の行事

高等部の行事紹介

 

 高等部では生徒の興味関心、実態に合わせて様々な行事を計画し実施しています。

新入生歓迎会

 2.3年生が中心となって企画・運営する新入生歓迎会。第1部では、各クラスが自己紹介や高等部行事の紹介をします。生徒達は「生活」の学習で作った自己紹介カードを使い、好きなこと、好きな食べ物、高等部で頑張りたいこと、将来の夢、2・3年生は、後輩にメッセージを送ります。様々な場面で「意思の表明(表現)」の学習に取り組んでいる高等部では、ICT教材を使って音声での表出が難しい生徒でも堂々と発表を行っています。

 

 第2部では、高等部が取り組んでいるアダプテッド・スポーツ(「おにボール」、「ドッヂビー」、「大塚ボール」、「紅白オセロ」など)を行います。毎年、2・3年生を中心にゲームを盛り上げ、緊張した様子の1年生は温かい高等部の雰囲気に溶け込んでいきます。

 写真は、高等部が開発したアダプテッドスポーツ「おにボール」のゲーム中の様子です。

おにボールの様子
おにボールの様子

修学旅行

 高等部2学年は、熊本・長崎方面へ修学旅行に行きます。これまで高等部では、防災学習をテーマに東北地方の修学旅行を企画し、震災の復興支援を兼ね、被災した地域を見学したり、被災した方々に直接話を聞いたりする学習を行っています。平成28年度からは、熊本地震で被害を受けた熊本大学教育学部附属特別支援学校との交流も始まりました。

 

 長崎では、現地のガイド、大学生、地域の方がたとの直接交流を通して、平和学習や文化学習を行います。これまでに、長崎龍学「龍踊り」や長崎チャンポン作り、ランタン祭り、長崎さるく(現地の方のガイドの元、長崎市内を観光するツアー)を体験しました。

熊本・長崎修学旅行
熊本・長崎修学旅行

大塚祭

 高等部の大塚祭は、ステージ発表や作業製品の頒布、作品展示、企業とコラボしたカフェを行います。ステージでの発表は、オープニングの花笠音頭、花帯で着飾った高等部女子によるファッションショー、自分で選んだ楽器を使った合奏や、ダンス、合唱などに挑戦しています。


 これまで合唱では、「結(作詞作曲:miwa)」や「次の空へ(作詞作曲:弓削田健介)」、「夢に向かって(作詞作曲:平成29年度高等部卒業生)」、合奏では「A Whole New World(作詞:Timothy Miles Bindon Rice、作曲:Alan Irwin Menken)」や、「星に願いを(作詞:Ned Washington、作曲:Leigh Harline)」などに取り組みました。


 午後は、高等部作業学習(「ライフキャリア学習」)の発表として、カフェサービス班がスターバックス水道橋後楽森ビル店とコラボした「えがおカフェ」、プリント班とアップサイクル班がそれぞれ作業製品を頒布しています。

 

ステージ発表フィニッシュのダンス
ステージ発表フィニッシュのダンス

交流会

 高等部では、総合的な探求の時間において附属学校の生徒や、アスリートとの交流に取り組んでいます。交流会は年間を通じて複数回行っています。交流会に向けた準備や、当日の運営に生徒自らが取り組むことによって「おもてなし」の心を学んだり、実際に触れ合うことによってお互いに同じ部分も、違う部分もあるということに気づき、「多様性」を学ぶ機会になっています。

 

 今年度は、新型コロナウィルス感染症予防のため、直接会って、触れ合う機会を持つことは難しい状況ですが、臨時休校中に取り組んだオンライン授業の経験を生かした交流を模索しています。

 

 zoomや、YouTubeの限定公開動画などを駆使して交流を進めていく計画です。

昨年度の交流会の様子
昨年度の交流会の様子
zoomで自己紹介
zoomで自己紹介

球技大会

 高等部では、平成31年度(令和元年度)から運動会への参加を取りやめ、高等部単独の球技大会を実施しています。本校では運動会が現場実習直前に実施されることから、この時期は進路に関する学習に力を入れることにしました。自分の特性(長所・短所)を知り、それを進路選択・実習先の選択に繋げる学習や、先輩たちの進路先や現場実習先を見学する進路学習への取り組みに力を入れています。

 

 昨年度は、進路学習が一段落した二学期末の12月に実施しました。体育の時間を中心に学習してきた成果を披露します。昨年度は、大塚ボール(ポートボールをアレンジしたアダプテッドスポーツ)、卓球バレー(卓球をアレンジしたアダプテッドスポーツ)、応援合戦を行いました。


ミライの体育館を活かした演出も注目です。

大塚ボールの様子
大塚ボールの様子
迫力ある応援合戦
迫力ある応援合戦
卓球バレーの様子
卓球バレーの様子

現場実習壮行式・報告会

 高等部の教育は、卒業後を見据えた「キャリア学習」が教育課程の根幹にあります。生徒達は、自分らしい生き方について考え、将来の職業生活に向けた準備をしています。

 

 子供の尊厳と権利を尊重する本校では、本人の「願い」や「夢」を大切にし、どのようにしてその「願い」や「夢」の実現に向けて取り組めば良いかについて考える教育を行っています。現場実習壮行式では、実習での目標や意気込みを表明し、報告会では、その振り返りを行います。人前で自分の夢や目標を表現することで実習に向かう気持ちを高め、振り返ることで新しい課題に向かう力を育んでいます。

 

 今年度は新型コロナウィルス感染症予防対策のため、企業や事業所の皆様のご協力を頂戴しながら個別に現場実習に取り組んでいます。そのため、全体としての壮行式や報告会の実施は見合わせています。
 各学級で生徒一人一人の適正に合わせた実習先の検討、実施、振り返りと、進路選択に関する三者面談(高等部では、担任、保護者、本人で進路に関する面談を実施しています)に取り組んでいます。

昨年度報告会の様子
昨年度報告会の様子

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba