幼稚部研究

研究運営計画

平成29年度 幼稚部研究運営計画

 

1.研究テーマ

 「個別教育計画」でつなぐ乳幼児期の包括的支援とカリキュラムの検討

キーワード: インクルーシブな保育、個に重点を置いた評価、領域間の連関

 

2.研究目的

(1)「個別教育計画」の活用を軸とした包括的な支援アプローチを検討する。

「個別教育計画(プロフィール、教育計画)」の策定・運用を軸に、乳幼児期のインクルーシブな保育のための、家庭・関係機関との連携支援の在り方を検討する。

(2)「個別教育計画」と「学習内容表」による授業づくりに基づいた教育課程の検討を行う。

 「個別教育計画」と「学習内容表」による授業づくり研究を通して、人間関係領域を基軸とした教育課程の検討を行う。

 

3.研究方法

(1)「個別教育計画」の活用を軸とした包括的な支援アプローチの検討

 ①「個別教育計画」を活用した家庭や関連機関との連携支援の方法を検討する。

・「個別教育計画(プロフィール、教育計画)」をツールとして活用しながら、家庭や併行通園先等の関連機関との連携を行い、合理的配慮につながる支援の目標や方法を検討する。

・事例研究を行い、支援プロセス(PDCAサイクル)の枠組みで成果や課題をまとめる。

 ②授業評価に基づいた「個別教育計画」の評価と改善の方法を検討する。

・研究授業における個の目標や手だての評価に基づいて、「個別教育計画」の評価と改善を行う。

 

(2)「個別教育計画」と「学習内容表」による授業づくりに基づいた教育課程の検討

 ①「個別教育計画」と「学習内容表」に基づいて人間関係領域「他の人々と親しみ、かかわる力」を育む授業づくりを行い、その成果や課題に基づいて教育課程の検討を行う。

・各設定保育の場面や自由遊びの場面との連関の検討を通して、乳幼児期のインクルーシブな保育のための教育課程を整理する。

・設定保育場面と自由遊び場面における幼児の様子を形成的に評価し、事例研究を通した幼児の「他の人々と親しみ、かかわる力」の育ちから教育課程を検討する。

・にこにこひろば:乳幼児を対象とした目的別活動カリキュラムを作成し実施する。活動後に振り返りを行い、評価と改善を行う。参加者へのアンケートを実施する。

・地域の幼稚園との交流:幼児を対象とした目的別活動カリキュラムを作成し実施する。幼稚園のスタッフも交えた授業省察を行い、評価と改善を行う。

 

4.研究授業

「設定保育『表現』」 人間関係領域「他の人々と親しみ、かかわる力」を育む授業

 

5.研究講師

  長崎 勤 先生 (実践女子大学)

  澤江 幸則 先生 (筑波大学)

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba