小学部研究

研究運営計画

平成29年度 小学部研究運営計画

 

1.研究テーマ

自己の育ちや他者との関係性から再考する「個別教育計画」の目標設定と評価

 

2.研究目的

(1)これまで蓄積された「個別教育計画」を縦断的に見直す。

(2)「個別教育計画」の目標設定の方法と評価の在り方を再検討し、実践する。

(3)自己の育ちや他者との関係性を観点に授業省察を行い、授業及び「個別教育計画」の目標の改善につなげる。

 

3.研究方法

(1)個別教育計画の経緯

一児童の事例を基に、これまで蓄積された「個別教育計画」の目標とその変化を縦断的に分析する。

 

(2)個別教育計画の作成

 ニーズ調査アンケートと児童への聴き取りや日々の観察を通して、児童の「願い」を踏まえた個別教育計画を再考する。

 一児童の事例を基に、目標設定の過程を部内で協議し、共有する。

目標設定の評価方法や基準(短期・長期など)部内で検討し、整理する。

見直しを行った個別教育計画について、保護者アンケートを実施し、妥当性を検討する。

 

(3)授業づくり

「大塚モデル指導計画集」、「学習内容表」、「個別教育計画」、を用いて授業づくりを行う。

自己の育ちや他者との関係性を観点に授業省察を行い、改善する。

個別の評価と授業評価をふまえて、個別教育計画の改善を行う。

 

4.研究授業 

 はな組 生活

 つき組 生活

 そら組 生活

 

5.研究講師

川間 健之介 先生(筑波大学人間系)

吉井 勘人  先生(山梨大学教育人間科学部)

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba