中学部研究

研究運営計画

平成30年度 中学部研究運営計画

 

1.研究テーマ

  生徒の「願い」を深めるための授業づくり

  ―願いを反映させた個別教育計画の作成に向けて―

 

 

2.研究目的

  (1)生徒の「願い」を汲(く)み取れる手立ての検証を行う。

  (2)個別教育計画と授業とのつながりを検討して改善する。

 

 

3.研究方法

(1)

①生徒の「願い」を昨年度使用したアンケートを活用して抽出する。

 このアンケートの書式については、共同研究者と連携を図りながら、修正や改善を行いながら実施する。

②アンケートやニーズ調査、プロフィール等を参考にして、「願い」の定義を整理する。

③生徒の自己選択や自己決定に焦点を当てるとともに、生徒達が関わり合う中(コミュニケーションや議論、発表やまとめ)で具体的な授業の手立てについて検討する。その後、一定期間にわたって数回検証していく。

 

  (2)

   ①【願いの表出】、【「願い」の拡大と深化】、【生活の質】、【仲間関係】の4つの観点を整理

    して、個別教育計画とのつながりについて検討、改善をする。

 ②個別教育計画上の目標を評価し、個別教育計画をより具体的に改善する方法を検討する。

 

4.研究授業

 「生活」もしくは、「体育」

 

5.共同研究者

  ・小島 道生 先生(筑波大学)

  ・別府さおり 先生(東京成徳大学)

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba