支援部研究

研究運営計画

平成28年度 支援部研究 運営計画

 

1.研究テーマ

インクルーシブ教育とその充実に向けた特別支援学校の役割と課題

 

2.研究方針

 

  (1)特別支援学校と小学校(通常学級、特別支援学級)の協働による授業づくり

 

  (2)地域と連携した早期教育支援体制をより充実させるための要因の検討

 

  (3)合理的配慮の具体事例実践の蓄積

 

3.研究内容

 

(1)本校において培ってきた授業研究や支援のノウハウを、通常の学級や特別支援学級へ紹介するとともに、通常の学級や特別支援学級における授業研究の実際や合理的配慮の知見を校内で共有し、より充実した授業研究会へつなげていく。

 

(2)地域の園・学校の支援ニーズを把握し、「個別の指導計画」を活用した支援のあり方や本校の役割について検討する。

 

4.研究方法

 

(1)通常の学級や特別支援学級の授業研究会において授業づくり研究を協働して行う。またその内容を定期的に校内で共有する。

 

(2)地域支援部がこれまで培ってきた地域連携システムをベースに、幼稚園の支援ニーズを調査し、教育委員会や教師や心理・福祉等の専門家とより綿密な連携を行う。

 

(3)本人からの「意思表明」に基づく合理的配慮の具体的な事例検討を行う。周囲の理解度や了解度が高まるような集団作りなど合理的配慮の背景や過程を含めて検討する。

 

(4)インクルーシブ教育の進展と特別支援教育の充実に資するための研修会へ協力する。

 

 

5.研究講師

 

 飯田 順子 先生 (筑波大学大学院人間総合科学研究科)

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba