教育方針と運営方針

大学の方針

筑波大学 第3期中期目標 附属学校に関する中期目標 ―本校関連部分>

①先導的教育拠点・教師教育拠点・国際教育拠点の成果を活かし全国の大学・附属学校と「コンソーシ

 アム」を構築し、グローバルな素養を育てるカリキュラムを開発・提案する。それらの素養に基づき

 体育系の大学院と組織的に連携しオリンピック・パラリンピック教育を全国的に提案する。

②附属11校を全国的に教育を先導する学校群(クラスター)と捉え、附属学校群の教科指導・行事・特

 別支援教育に関する教師の指導力の高さ、実践研究の豊かさなど、附属学校各校の知見の蓄積を附属

 学校群としての交流を通して共有し深められる強みを活かすとともに、特別支援教育連携推進グルー

 プや全国の大学との協働体制を強化して「筑波型インクルーシブ教育システムを目指したプログラム」

 を開発し、公開研究会や出版活動を通して全国的にその成果を還元する。

 

<附属学校に関する目標を達成するための具体的施策と年次スケジュール

49-1  知的障害教育におけるグローバルな素養を育てるカリキュラムを開発・提案する。

 →①知的障害教育における持続可能な開発目標に向けた取り組みの実践・発信。

 →②本人主体となって実現する共生社会の形成に向けた意思の表出・発信する力の育成。

49-2 体育系の大学院と組織的に連携し、オリンピック・パラリンピック教育の授業研究を行い検証

   するとともに、2020年の東京開催に向けボランティア教育を促進する。

 →①オリンピック・パラリンピック教育の教育実践を発信。

 →②普通附属学校との交流活動を通した合理的配慮についての理解・促進への協力。

50-1 附属11校間の交流、共同事業を促進するとともに、その教育成果を活かしたインクルーシブ

   教育システムを目指したプログラムを開発し発信する。

 →①各附属間、全附属群をフィールドにしたインクルーシブ教育のプログラムの整理・発信。

 →②幼稚部から高等部まで各学部単位で交流及び共同学習を行い、インクルーシブ教育を推進し、成

   果を発信する。

50-2 小・中・高等学校及び特別支援学校の教育の充実を図るため、人的・物的資源(リソース)の

   相互活用を促進するとともに、インクルーシブ教育を実践する全国の教師の資質向上のための

   プログラムを開発し発信する。

 →①全附属群、特別支援教育連携推進グループの連携の下、インクルーシブ教育実践のための教員資

 質向上のプログラムの整理・発信。

50-3 わが国のインクルーシブ教育システム構築に向けて附属11校の教育成果を踏まえた情報発信

   を、大学、特別支援教育研究センター*原文のまま(特別支援教育連携推進グループ)、その他

   関係機関との連携を強化しながら進めるとともに、インクルーシブ教育を支える教育相談につい

   て先進的な取り組みを進めその成果を提案する。

 →①インクルーシブ教育実践のための「個に応じた教育」を推進する個別の教育支援計画」「個別の

 指導計画」を活用した教育実践を行い、作成の手順や教材、指導法等の情報発信を行うととも

 に、インクルーシブ教育を支える教育相談について先進的な取組に関する成果をまとめ発信す

 る。

PAGETOP

  • 筑波大学 附属学校教育局
  • 筑波大学
  • English Site School for the Mentally Challenged at Otsuka,University of Tsukuba